日ごろのお肌のお手入れや生活習慣、食習慣などを少し気をつけるだけで美肌は作れちゃいます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
日ごろのお肌のお手入れや生活習慣、食習慣などを少し気をつけるだけで美肌は作れちゃいます貴女の美肌になる方法を大公開|美肌ナビ

美肌の女性


日ごろのお肌のお手入れや生活習慣、食習慣などを少し気をつけるだけで美肌は作れちゃいます。

まずスキンケアですが、一般的にスキンケアと言うと化粧水をたっぷり使って保湿をし、乳液で潤いを与えて。最後に美容液や美容クリームといったところですね。

今回紹介するお手入れは少し違っていて、肌を甘やかさずに美肌を作る方法です。

スキンケアのステップを省略して肌本来のバリア機能を回復させるのです。主に洗顔法ですが、朝は水洗顔、夜はぬるま湯洗顔でクレンジングを省きます。

メイク落ちが気になる方は石鹸で洗顔するようにすると良いと思います。洗顔の後は化粧水で保湿して終了です。

乳液も美容液も使わないので普段のスキンケアの時間もグッと短縮されますよ。

次に生活習慣ですが、美肌になるには睡眠が重要になってきます。夜更かしをしないで12時ごろまでにはベットに入ると良いでしょう。

そしてもう1つかかせないのが運動です。運動は全身の血行を良くしてくれ、美肌にも様々な効果がありますよ。

最後は食生活です。ビタミンをたっぷり含んだ果物を朝食にすると良いでしょう。

午前4時頃からお昼の12時頃までは、体が排出モードになっていて、体内の毒素や老廃物を排出してくれるのでその時間帯はなるべく体内に食べ物を入れない方が排出がスムーズにいきます。

この3つの方法をしばらく続けるとつるつるすべすべの美肌に近づくと思いますよ。

40歳からのお悩みにはプラセンタ




カテゴリー: プラセンタ, 睡眠と運動, 睡眠を取る | コメントをどうぞ

逆転の発想で考える美肌のためにアロエ育てています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
逆転の発想で考える美肌のためにアロエ育てています。貴女の美肌になる方法を大公開|美肌ナビ

洗顔する女性


美肌になるためには、内側からケアしないといくら高いスキンケア化粧品を使っても効果は期待できないと思います。

野菜や果物にはビタミンCがたっぷり含まれているし、ビタミン類は美肌には必要なものです。ただ、果物は毎日、食べるとカロリーや費用も気になります。

そこで私が選んでいるのがアロエです。アロエは、自宅で育てていますが、今は、アロエの栽培セットを安く買えるので、簡単に育てられます。

育てたアロエはよくヨーグルトに混ぜて食べていますが、毎日、食べていると肌がスベスベになるのが分かりました。

肌のかさつきも気にならなくなったし、一度だけ、あまったアロエヨーグルトを顔に塗ってパックにしてみたんです。

そうしたら、ざらつきもなくなってスベスベになっているし、ヨーグルトはパックにも効果的だと分かりました。

あとは、ハチミツにアロエを漬け込んだものも美味しいし、お肌にいいです。それにお通じもよくなるので、吹き出物もすぐに治りました。

以前は、美肌のために、高いスキンケア化粧品を使ったり、フェイシャルエステにも通いましたが、費用が続きませんでした。

でも、今は、スキンケア化粧品にお金を掛けなくても、このようなちょっとした工夫で美肌をキープできているのでずっと続けていくつもりです。




カテゴリー: アロエと美肌の関係 | コメントをどうぞ

美肌維持の為の食事の見つめ方はじめてガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美肌維持の為の食事の見つめ方はじめてガイド貴女の美肌になる方法を大公開|美肌ナビ

乾燥肌対策


美肌は誰しも憧れる事の一つだと思います。

綺麗な女性で肌も綺麗なのを見るとちょっとため息が出るくらい惹かれてしまう事ってないでしょうか?

女優さんでも肌が綺麗な方はたくさんいらっしゃいますがよく、雑誌などを読んでいると、やはり美しく保つってまずは食事などに気を使わなければと思うのです。

食事でもただ野菜や海草類を食べればいいという事ではなくまず、一番に考えていかなければいけない事はなんといっても便秘になりにくい体質にする。

私はその部分に気をつけて日々の生活を過ごしています。

きちんとした便を出すって、身体が健康じゃないといけない訳ですし、それが何日も溜まっている状態って肌だけではなく全体に悪い影響があるのではないでしょうか。

経験上、肌が荒れたり吹き出物が出る時ってやはり、便秘の時が多くて色々と便秘薬などを飲んでいましたが、下痢になったりとちょっと個人的には問題もあって、薬などに頼らないように食事でなんとかしたいと思うようになりました。

そこで私は、一年中あって購入がしやすいじゃがいもを毎日の食事に取り入れてみました。

それと水分の補給も気をつけていた部分です。ジュースなどではなく純粋にお水を大目に飲みそんな生活に変えてからは2週間目くらいからは毎日、同じような時間で便通があり気のせいか、体調も良くなっていったような気がします。

体調が良くなると今度は、身体も動くようになり少しづつ運動などで汗を流す習慣もついてきて美肌の為にはじめた食事の効果は、健康の為の効果へなっているのでは?と感じています。

考えてみると、肌が綺麗っていう事は肌が良好な状態で身体も元気じゃないとダメなんですよね。

とくに面倒な事をする訳でもなく水分と食物繊維と運動に気をつけて私は肌の状態を維持しています。


カテゴリー: 食事に気を使う | コメントをどうぞ

美肌のためにはバランスが大切から始めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美肌のためにはバランスが大切から始めよう貴女の美肌になる方法を大公開|美肌ナビ

ミネラルウォーターを飲む女性


私は美肌のために、とにかくバランスを大切にしています。

例えば、どんなに高価な基礎化粧品を揃えても食生活が荒れていればあまり意味はありません。それどころかせっかくの高価な基礎化粧品も無駄にしてしまうことになりかねません。

そのため、とにかくバランスが大切なのです。

食事には特にこだわっていません。主食の量を決めて、主菜と副菜を用意するだけ。肉、魚、卵などの主菜だけではなく、野菜や海藻類を副菜として取り入れています。

面倒な時は鍋焼きうどんの上に卵を落として、冷凍のほうれん草を乗せるだけ、なんてこともあります。

運動は苦手なので、マッサージに行った時に教えてもらった体を伸ばすストレッチをしています。よく体を伸ばすことで筋肉を刺激することも出来ますので、筋肉増強、新陳代謝の向上にも効果があります。

新陳代謝が上がると美肌効果もあるんですよ。

そして、基礎化粧品も無理の無い範囲で良いものを、というのが決まりです。お高いものだとなかなかやめられなくなってしまいますから。成分をしっかりチェックして、なるべく肌に優しいものを使うようにしています。

このように、考えているのは常にバランスです。どこかを頑張るとどこかがおろそかになってしまいますから。高い基礎化粧品を使っていた時代よりもずっとお肌が良くなっているのが効果の証だと思います。




カテゴリー: 美肌にはバランス | コメントをどうぞ

美肌を保つためしてはいけないない5つのことはじめてガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美肌を保つためしてはいけないない5つのことはじめてガイド貴女の美肌になる方法を大公開|美肌ナビ


美肌にはまず予防

肌をきれいに保つためにしないようにしていることをお話したいと思います。

まず、日に焼けない

紫外線はシミを作りますし、シワを深くします。
その証拠として挙げられるのが若い頃から日焼けしていることが美しいと考え焼き続けた海外のセレブたちです。
彼女達は日に焼けていないとバカンスにもいけないとか家にこもりきりだという価値観なのでそれでもいいのかもしれませんが、顔はともかくとして、首から下や背中あたりはシミだらけです。
人間、一番きれいなのはお尻の辺りの皮膚だといいます。やはり日に焼けることは肌をいためます。漁師さんのうなじの深いシワを見たときにもその確信を強めました。

ジャンクフードを食べない

ある時、節約のため外食の揚げ物や店で売っているお惣菜、お菓子などやめました。
すると吹き出物が出なくなったので食べ物も気をつけるべきことが分かりました。

タール系色素の入った化粧品を使わない

口紅、頬紅など発色をよくするためにはタール系色素が必要です。
しかし肌を黒ずませるので化粧品を買うときは赤色○号、黄色○号などという成分が入っていないか確かめタール系色素の入っているものは避けるようにしています。

夜更かししない

夜10時から深夜2時までに出るよいホルモンがあると聞いてできるだけ遅くまでダラダラテレビを見たりしないように心がけています。

しかめっ面をしない

長年苦労の多い人生を歩んでこられた方は自然としかめっ面の時の表情筋が発達し、不幸そうな顔になっています。男性であれば渋みのあるいい顔になったという評価もあるかもしれません。若い頃売れず、不遇の時を過ごしてきた俳優さんが40代になって苦みばしった顔つきが良いと役がまわってくるようになった、という話も聞きます。しかし、女性はシワが好意的に見られることは少なく、ボトックス注射でシワ取りをする方もいるので眉間にシワを寄せる表情をしないように、一人でいる時にも悩んだ顔をしないようにしています。




カテゴリー: 美肌を保つためにしてはいけないこと | コメントをどうぞ