美肌を保つためしてはいけないない5つのことはじめてガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美肌を保つためしてはいけないない5つのことはじめてガイド貴女の美肌になる方法を大公開|美肌ナビ


美肌にはまず予防

肌をきれいに保つためにしないようにしていることをお話したいと思います。

まず、日に焼けない

紫外線はシミを作りますし、シワを深くします。
その証拠として挙げられるのが若い頃から日焼けしていることが美しいと考え焼き続けた海外のセレブたちです。
彼女達は日に焼けていないとバカンスにもいけないとか家にこもりきりだという価値観なのでそれでもいいのかもしれませんが、顔はともかくとして、首から下や背中あたりはシミだらけです。
人間、一番きれいなのはお尻の辺りの皮膚だといいます。やはり日に焼けることは肌をいためます。漁師さんのうなじの深いシワを見たときにもその確信を強めました。

ジャンクフードを食べない

ある時、節約のため外食の揚げ物や店で売っているお惣菜、お菓子などやめました。
すると吹き出物が出なくなったので食べ物も気をつけるべきことが分かりました。

タール系色素の入った化粧品を使わない

口紅、頬紅など発色をよくするためにはタール系色素が必要です。
しかし肌を黒ずませるので化粧品を買うときは赤色○号、黄色○号などという成分が入っていないか確かめタール系色素の入っているものは避けるようにしています。

夜更かししない

夜10時から深夜2時までに出るよいホルモンがあると聞いてできるだけ遅くまでダラダラテレビを見たりしないように心がけています。

しかめっ面をしない

長年苦労の多い人生を歩んでこられた方は自然としかめっ面の時の表情筋が発達し、不幸そうな顔になっています。男性であれば渋みのあるいい顔になったという評価もあるかもしれません。若い頃売れず、不遇の時を過ごしてきた俳優さんが40代になって苦みばしった顔つきが良いと役がまわってくるようになった、という話も聞きます。しかし、女性はシワが好意的に見られることは少なく、ボトックス注射でシワ取りをする方もいるので眉間にシワを寄せる表情をしないように、一人でいる時にも悩んだ顔をしないようにしています。




カテゴリー: 美肌を保つためにしてはいけないこと   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>